受験前アドバイス受験前アドバイス

推薦入試Ⅱを受験される皆さんへ

推薦入試Ⅱの時期が近づいてきました。
そこで、今年岐阜大学に推薦入試Ⅱで入学した5人の先輩に対策法などを 聞いてきました!

質問内容

  1. 試験1週間前はどのような対策をしていましたか?
    また、しておけばよかったことがあれば教えてください。
  2. 試験前日はどのように過ごしましたか?
    また、気を付けたこと、しておけばよかったことがあれば教えてください。
  3. 試験当日はどのような気持ちで臨みましたか?
    また、何かしていたことがあれば教えてください。
  4. 推薦入試Ⅱを受験される皆さんにメッセージをお願いします。

応用生物科学部

キャラクター

回答者:応用生物科学部1年の先輩

  1. 面接の練習。面接の質問の内容と答えを考えていた。しておけばよかったことは、かなり意地悪な質問とその答えも考えること。
  2. よく覚えてないけれど、多分練習してきた小論文の復習と面接のイメトレ。しておけばよかったことは、大学に向かうまでの道のりとその時間の下調べ。雪でJRとバスがどれだけ遅れるとか、当日は普通に授業もあるからバスに 学生が大量に並んでいるとか知っておきたかった。
  3. 自信はないけどやれることはやって頑張ろうと思った。やってきた小論文のプリントと考えてきた面接の質問とその答えをまとめたプリントをひたすら見返していた。
  4. 面接では意地悪な質問をされます。でも、黙り込まずに冷静にちゃんと返しましょう。 試験当日は授業があるから、バス停ですごく並ぶ ことを前提に時間に余裕を持って臨んでください。

ページTOPへ

地域科学部

キャラクター

回答者:地域科学部 1年 ぺるま先輩

  1. 面接で聞かれるそうなので、ひたすら本を読んでいました。体調管理はした方がいいよ。
  2. 試験前日も本を読んでいました。あと、体調の管理にも気を付けていました。
  3. 初めて会う人と世間話をするくらいの気持ちで行きました。地域科学部の先生は優しい人が多いと聞いていたので、堅い対応をするというよりは面接官と話が盛り上がればいいなと思っていました。
    面接当日は待ち時間が多かったので、待機部屋で話す原稿を読んだり、仮眠を取ったり、明るめの音楽を大音量で聞いたり、トイレで歌って発声練習をしていました。
  4. 面接は自分のことについて面接官の質問に答えていくだけなので、気負わずに気楽にいった方が「社交性あり」と判断され、印象もいいです。面接時間が大幅に延長しても、話の途中で面接を終了されても、全く気にしなくて大丈夫です。 面接官の人との会話を楽しんでくださいね!

ページTOPへ

医学部

キャラクター

回答者:医学部医学科1年の先輩

  1. 当日にピークを持ってこれるように調整する。時間をはかって当日を意識して勉強する。 当日焦っている自分を想像してそうならないように勉強する、くらいの意気込みで!
  2. 勉強しすぎない!気持ちを落ち着かせる。苦手な 教科は解けなくてテンションが下がることが あるので前日はしない。
  3. これで人生が決まるのだという緊張感を持って、 なおかつ失敗しても死ぬわけではないという余裕を 持っていた。
  4. どの先輩ももっと勉強していればよかったと言っていました。僕も受験後はそう思いました。限界を超えるつもりで、限界を作らないつもりで、勉強した方がいいと思います。人生最後の 受験勉強ですから。また勉強だけでなく学校生活や部活動で得たものを大切に。自分の中でまとめておくと、面接で聞かれた時にスンナリ答えられたりします。

ページTOPへ

工学部

キャラクター

回答者:工学部 1年 レオパ先輩

  1. 面接対策で、過去の受験生が残してくれた 資料から、質問に対する自分なりの答えを 一通り考え、校長先生と何回も面接練習をした。面接練習は回数が多いほど受け答えに慣れる ことができるので、できる限りたくさん こなした方が良い。
  2. 距離が遠かったので、ホテルに泊まった。 話す内容を時々確認しつつ、ゆっくりしていた。
  3. 「自分はできる。大丈夫。伝えたいことを 精一杯伝えるんだ。」という気持ちで臨んだ。 受験の事を応援してくれている人たちのことを 考え、すごく勇気づけられた。
  4. 推薦は面接もあり、緊張すると思いますが、 自分のいいところを最大限試験官に伝えたい! という意欲を持って、頑張ってください。一般の二次試験では人間性で合格することが できません!自分をアピールする機会は 今しかありませんよ!

ページTOPへ

教育学部

キャラクター

回答者:教育学部 1年 保健体育専攻の先輩

  1. 面接練習に特に力を入れていました。高校の先生に頼んで、1週間前からは毎日練習をしました。母校の先輩が受けた質問の情報をもらい、それを参考に受け答えを考えたりもしました。また、私は前期試験も後期試験も受ける予定だったので、二次試験のための勉強や、実技試験のために部活に通っていました。
  2. いつも通りに学校に行き、特に変わったことはせずに過ごしました。私はホテルに前日泊をして、試験を受けに行きました。慣れた場所ではないので少しそわそわしましたが、好きな物を食べて、早めに寝ました。
  3. 私は大した運動成績がなかったので、推薦Ⅱで絶対に受かりたいというよりは、チャンスがあれば頑張ってみようという気持ちでした。だからという訳では無いですが、あまり緊張せずにありのままの自分で面接の受け答えができたと思います。
  4. とりあえずはセンター試験も必要なので、最後まであきらめずに勉強に取り組むことです。センター試験が終わったら、面接練習に力を入れればいいと思います。面接練習では、自分の思っていることを自分の言葉で一生懸命伝えることが大切です。面接というと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、先生方は親身になって聞いてくださるので、あまり緊張しなくても大丈夫です。笑顔も忘れずに!

ページTOPへ

バス停~試験会場

推薦入試日は複数の学部が試験を行っているので、知らない受験生についていくと違う学部に行っちゃうかも!?

緑色のウインドブレーカーを着たスタッフが大学構内のいろんなところにいるので、当日試験会場のことでわからないことがあったら気軽に聞いてくださいね!

ページTOPへ

調べものチェックリスト

ページTOPへ

HOME